エックスサーバーの料金は高くない! 他社サーバー5社と比較!
エックスサーバーの料金は高くない! 他社サーバー5社と比較!
エックスサーバーは他と比べて支払い金額がちょっと高い。
1年契約にしたら実質は安くなるけど、1年分一括払いするのはちょっとしんどい。

エックスサーバーは自動バックアップやサーバーか落ちにくい上、表示速度も速く安定していて評価がとてもいいレンタルサーバーです。
大手企業も利用する優秀なサーバーなんですが、他社と比べると少し高いような気がしますよね。

今回は、エックスサーバーの料金は本当に高くないのか、他社5社と比較してみました。

他社5社と比較した結果
  • 料金は安くも高くもない
  • 処理スピードは優秀
  • 企業としての安心材料は大手企業の利用と18年の実績
  • 自動バックアップで安心

他社と比較!エックスサーバーは高くない

WordPressを運用するという目的でエックスサーバーを利用した場合と、同じくらいのスペックで他社のサーバーを契約した場合の料金を比べてみましょう。

サーバ名初期費用料金(月々)容量自動バックアップ
エックスサーバー
スタンダードプラン
0円1,100円300GB
さくらレンタル
スタンダード
0円524円300GB×
ロリポップ
スタンダード
1,650円880円300GB
starサーバー
ハイスピードプラン
0円1,100円320GB×
coreserver
CORE-X
1,650円690円300GB
conoha
ベーシック
0円1,320円300GB

※月々支払いをするという契約で見た金額を表示しています。

比較データを見てみると、特にエックスサーバーが高くて目立つという感じでもありませんでしたね。
ただ、ほかにも安いところはあるという事もわかりました。

レンタルサーバーの重要視するポイント

レンタルサーバーを選ぶ際に重要視するポイントは4つ。

  • 金額
  • 処理スピード(サイトの表示スピード)
  • 安全性
  • 自動バックアップ

金額は上記でエックスサーバーを含む6社で比べています。
なのでほかのポイントで見ていきましょう。

処理スピード(サイトの表示スピード)

サイトの処理スピードが速いとSEOの評価も上がります。
さらに、サイトの閲覧者のストレス軽減にもなり、サイトの内容を詳しく見てコンバージョンアップにつながります。
なので、処理スピードの速さはとても重要視しなければいけません。

レンタルサーバーの処理スピードの速さを確認する方法はサーバーのメモリとCPUを見ればわかります。

サーバ名CPUメモリ
エックスサーバー
スタンダードプラン
128コア(6コア)※1024GB(8GB)※
さくらレンタル
スタンダード
不明18GB~48GB
ロリポップ
スタンダード
不明不明
starサーバー
ハイスピードプラン
不明不明
coreserver
CORE-X
不明6GB
conoha
ベーシック
6コア8GB

※()はアカウントごとに保証されている数値

CPUとメモリを公表していないサーバーもありましたが、エックスサーバーでは詳しく公表されています。
conohaサーバーと同じ数字ですが、conohaサーバーは割り当てられたサーバーごとの数値だそうで、ほかのアカウントの方のサーバーが込み合った場合影響を受ける可能性があります。
なので、アカウントごとに保証されているエックスサーバーの方が安心と言う事になります。

公表されていないサーバーもありましたので詳しい比較はできませんでしたが、エックスサーバーとconohaサーバーは業界でも表示スピードが速いという評判がいいサーバーになります。

安全性

サーバーは何らかの原因でデータが消えてしまうという事故が起こるかもしれません。
過去に、有名なレンタルサーバーのデータが全部消えてしまったという事故が実際にありました。

だからと言って、何をもって安全なレンタルサーバーかと言う数値などはありません。
ただ、レンタルサーバーの会社が企業として信用できるかと言う事は確認しておかなければいけません。

私は信用できると思う材料を調べてみました。

サーバ名安心材料
エックスサーバー2004年設立・大手企業が利用・資本金9,900万円
さくらレンタル1999年設立・資本金22億5,692万円
ロリポップ2001年にサービス開始・GMOペパボが運営
starサーバー2009年に設立・資本金9,000万円
coreserver2007年にサービス開始・GMOデジロック株式会社が運営
conoha2018年にサービス開始・GMOインターネットグループ株式会社が運営

会社の経営やサービス開始時期を見てみると、さくらレンタルサーバーが一番長いですね。
ほかに、ロリポップやcoreserver、conohaなどは運営している会社がGMOナノは安心ですね。

エックスサーバーはさくらインターネットの次に長く運営されています。
大手企業がたくさんりよしているという事も安心ポイントになりますね。

その点で見ると、starサーバーは少し安心材料が少ないような気もしますが、そこまで新しい会社と言うわけではないので、心配になるほどではなさそうですね。

このデータを見ると、この中には信用できないサーバーはありませんでした。

自動バックアップ

自動バックアップは本当に必要な機能だと思います。
サーバーのデータを誤って消してしまったときはもちろん、ファイルを改ざんされてしまった場合もバックアップデータがあれば、正常に表示されていたファイルにすぐに戻すことが出来ます。

自動バックアップ機能が無いレンタルサーバーの場合、各自定期的にバックアップを取る必要があり、もしバックアップが出来ていない場合は、消えてしまったり改ざんされてしまったファイルは元に戻すことは出来ません。

上記で比較したサーバーの中で自動バックアップの機能があるのは
エックスサーバー、ロリポップ、coreserver、conohaの4社。
4社とも定期的にバックアップを取り、14日から15日の間は保管してくれています。

本当に助けられる機能になるので自動バックアップ機能が付いているレンタルサーバーを強くおすすめいたします!

エックスサーバーは高くない

ここまで、レンタルサーバー会社の比較をしてきました。
そこで、総合的にみると、

  • エックスサーバーより安いレンタルサーバーはある。
  • サーバーの処理スピードは速い
  • 企業としての安心材料ある。
  • 自動的にバックアップ機能あり

と、値段は他社と比べて安いわけではありませんが、サービスは十分だと思います。
エックスサーバーより高いレンタルサーバーもありますので、決してエックスサーバーは高いサーバーではないという事がわかりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

レンタルサーバーの機能として、私が必要とするもので比較をしてきました。
それぞれの運用状況、運用目的などで重要視するポイントは変わると思いますので、ご自分に合ったレンタルサーバーを探してみてください。

レンタルサーバーをどれにしようか迷っているときに参考にしていただければ幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事